スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Web API入門 その1

今日からWeb APIを利用したプログラムを実装してみます。そもそも私は根っからのC言語使いなので、C#やRuby、Perlくらいなら体験したことはあっても、Web APIとはとんで無縁。マッシュアップという言葉は知っているけれども、どういう仕組みか、またどうやって使うか分からない。ということで、軽く調査。


まずWeb APIとは、インターネット経由で利用できるAPIらしい。WindowsやMac OS等で動くアプリは、基本的にOSが提供するAPIを用いて、絵を描いたりメニュー等のUIを表示したり、ネット接続したりする。そのWeb版と考えれば良さそう。特にWeb APIの最たる特徴としては、Web APIサービス提供者の潤沢なリソースを利用して開発できるところ。例えばGoogle MapやYahoo!など。個人開発者では到底準備できないようなリソースを利用する事ができる魅力的なAPIである、と。


で、とりあえず概念図を書いてみた。


WebAPI.png

基本クライアントから「指定された形式」のリクエストを発行し、そのレスポンスとしてXMLなどの形式でデータを貰える。クライアントは、貰ったデータを解析して、所望の動作を行わせる、と。




とりあえずここまで分かったところで、AndroidでWeb APIを利用するためのリクエストの発行方法と、レスポンスとして貰ったXMLファイルの解析方法について調べなきゃ。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sepiablue

Author:sepiablue
組込みソフトウェアエンジニアやってます。普段はC言語使い。
趣味はプログラミング、京都旅行で神社巡り。
AndroidアプリをMacで開発中。

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。