スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテントの勉強

インテントに必要なimport android.content.Intent。


インテントというのは、「Google Androidアプリケーション開発入門」本の第4章によれば、「起動したいアクティビティを指定するためのパラメータのクラス」だそう。例えば、指定した番号にダイヤルする場合は、


Intent i = new Intent(Intent.ACTION_DIAL, Uri.parse("tel:1234567890");
startActivity(i);


となる。これが実行されると、ダイヤルをかける他のアクティビティへメッセージ(tel:1234567890)が送られるよう。


インテントの第一引数に指定するのは、動作の定数。今回はダイヤルをかけるので、Intent.ACTION_DIALらしい。そうすると、ACTION_DIALに関連付けられたアクティビティが起動して、第二引数で指定したデータを受け取って処理してくれる、と。私の環境で実行すると、以下の画面が表示された。


Intent dial

Androidの電話アプリ?が起動したみたい。戻るボタンを押すと、元のアクティビティに戻る。面白いのは、自分が作っていないアプリへいろいろデータを送って起動できるところ。しかも今回はIntent.ACTION_DIALでしか起動アプリを指定していない。WIndowsアプリだとこうはいかなくて、CreateProcessなりで、実行するアプリのパスを指定して実行する必要がある。これがAndroid特有の仕組みなのかな。


ちなみにUriというのは、Uniform Resource Identifierの略らしい。ここはよくわからないが、データの渡しに使われるクラスかな?


気になるのは、例えばIntent.ACTION_DIALに対応するアプリが複数あるときどうなるかという点と、オリジナルのIntent.ACTION_XXXを定義できるのかという点と、Intent.ACTION_XXXと自分のアプリをどうやって関連づけるのかという点。この辺りはAndroid本を読んで行けば分かるのかな。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sepiablue

Author:sepiablue
組込みソフトウェアエンジニアやってます。普段はC言語使い。
趣味はプログラミング、京都旅行で神社巡り。
AndroidアプリをMacで開発中。

最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。